Kemi - ブラジル音楽の旅


by sertao
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

再び、ヒオ。。

みなさんにはこのタイトルなんの事やら。。と思います。
ちょっとお休みさせて頂きました。

昨年暮れ、ブラジル北東部の旅を終え一度、日本に戻りました。
例年以上に感じる寒さに、悲鳴をあげていた私。
22日にヒオに再び訪れています。

いつかこのブログに書いたギタリストさんに、会う為に。。
サルバドールで聴いた音色に、この方にどうしても会いたいと思った。
教師のソーニャはこの人に会うのは大変だ。。といわれていたけど。
日本にいるS師に連絡先を聴く事ができたのです。
日本では、はっきり言えば関心が無かった。。。
名前を聞いて、たしか2年前くらいS師とご一緒されていたなぁぁ。
私は生憎そのコンサートは行けなかった。。
なぜこのタイミングで、ヒオで会えることになったのだろう。。
わからない。。
私の強くイメージしたこの人に、自分の意思以上の何か大きな力があったように思ってなりません。
次回のアルバムを作るために、私の為に力をかしてくれるという。。

チジューカにいます。
曲の選択、アレンジ、コミュニケーション。。
大事なことです。

ヒオは来週サンバカーニバルがある。
段々、市民は落ち着かなくなってきているのがわかります。
c0106446_350069.jpg

[PR]
# by sertao | 2010-01-27 03:50

フォルタレーザの夜。

先週で、サルバドールの授業は終わりにして、北東部をフォルトレーザから南下しています。
今日はナタウですが、ちょっとお天気も良くなくて、島に渡れなくて残念です。
昨日までいたフォルトレーザの夜の海です。
ここは、夜出ても安全。。町をあげて清潔で警察がきちんとみまもってくれます。
夜になるとわーっと人が出て来て、ジョギングする。。
カニやエビが美味しかった。。
明日はヘシーフェ。。
飛行機は、低空飛行してくるので、ずーっと大地と海を両手に観ながらのってこれます。
快適。。
では、また投稿しまぁぁす。

c0106446_585491.jpg

[PR]
# by sertao | 2009-11-19 05:10

TCHU !! ALBERQUE PORTO SALVADOR

今日は私はこのホステル(Pousada)から、一般家庭に引っ越します。
ずっとホステルの予定でしたが、学校の薦めでホームステイをする事にしました。
ここサルバドールにはあと二週間ですが、残りの時間をホームステイで過ごすのです。
Alberque porto salvador のフロントの二人。Fernanda とCarlosの写真をあっぷします。
Fernanda はお腹壊しのとき、いろいろなハーブを教えてくれてお陰で随分早く回復しました。
Carlos はいつもとてもHappy!! とっても声が大きいけど、唄ったり、話かけてくれたりして
いつも退屈しませんでした。私が夜ペロリーニョに行く時、「バッグは持っていかないほうがいいよ!!」と忠告してくれたりして。Obrigada....
サルバドールにいる間に、のり巻き(NORIMAKI )を作りにくるからね!!
Vou cozinhar SUSHI proxima vez!!
e obrigada para Karo!!

c0106446_20135570.jpg

[PR]
# by sertao | 2009-11-02 20:20

パンタナール

ちょっと話は戻りますが、パイーアに来る前に行ったパンタナール。
ここがバイーナなら、パンタナールで生まれ育った人たちは、はパンタネーラというのだそう。
私が2日泊まったファームは「サンフランシスコ」というファーム。
ボニートからどれだけ走っただろうか。。行けども行けども赤い土とネロリが転々と放牧されている
果てしなく広い大地を切り開いた道を、ただひたすら車で走るのです。
ファームで夕食に頂いた食事はすべてがこの広大な土地でとられた、つまりこの牧場でとられたものだけ。。その素材からすべての食事が料理されている、と言って良いようです。
その食事を頂いたときに耳にはいってきたギター。。
もの凄くすきなサウンドで、「ガブリエラ・サテー」このひとが、パンタネーラなのです。
なかなか、CDが見つからないので東京の中南米音楽のKさんのメールしたけど、ない・・とのこと。
ところが先週、ランゲージスクールのソーニャに話すと、「私もっているわよ・・」とのことで。
早速持って来てもらってコピーをさせて貰いました。
パンタナールという、とてつもなく広大でブラジルの内陸部を詠う、いわゆるパンタネーラならではのメロディーなのです。
ここサルバドールのサウンドとは随分かけ離れた・・というより、比較できない。
私は、サルバドールにリズムやカルチャー、スピリットが知りたくて来たのだけれど。
ブラジルとはなんと広いのだろう。。とてつもなく。。
今まで唄って来た私は、ほんの一握り。。そのことに気づきます。
ここサルバドールで学ぶ事は本当に多い。。
でも、これとてほんの入り口に過ぎないとおもいます。

私は、もう一人好きなギターリストさんがいます。
また、その人の話は次の機会にいたします。

今日はサルバドールの海に浮かぶイタプリカ島へ出かけました。
その舟の中で聞いたサンバ。シンプルだけどこれがサンバ。。きっとさんば。。
間違いなく古いサンバなんだろうなぁぁ。。
バンジョ・タンタン・パンディロ・タンブリンの編成。
片道50分の間、彼らは休みなく私たちをたのしませてくれた。
イタプリカ島で、ビニシウスモライァスの別荘。そして、今もカエターノはじめ多くのミュージシャンたちが持つリゾートマンションがあった。。
それは、趣味よくそれほどギラギラと贅沢に作られたものではなく、イタプリカの自然美をそこなうことなく木立の中にあった。。
そのお話もまた次の機会に。。


c0106446_8552062.jpg

[PR]
# by sertao | 2009-11-01 08:59

ボンフィン教会のミサ

昨日、ランゲージスクールの教師ジャミリーが途中で具合悪くなり、
授業は中断されたのです。
今週の月曜日、彼女はやはりお腹壊しで休み。どうやら朝食べたパテにあたったというのです。。
先日私はお腹こわしでしたが、地元住人のジャミリーもお腹こわすんだから
私がお腹こわししても仕方ないかなああ。とおもったりしています。
今は回復してホステルのキッチンで毎日肉じゃがや、おひたしなど作っています。
和食は一番!!です。
どなたかは、現地の食事をしなくてはいけないよ。。とおっしゃっていましたが、
永いこといるとやはり日本食がお腹にもいいなぁぁっておもいます。
泊まっている海外の友人たちにも食べて貰って、好評です!!
こちらでは、お寿司やさん(手巻きですが)や日本食レストランが人気のようです。
まだこちらに来て食べてないけれど、日本食を作る・・というと、わっと集まって来る。。ってそんなに大げさではありませんが。喜んでくれます。
次は、美味しい海苔を持って来ているので、のり巻きをしてみようとおもいます。

さて、今日は社会活動の日。。ということで、孤児院にボランティアにいきましたが、
きょうはほんのご挨拶程度。。来週末から伺います。私は障害者施設を希望してましたが、お返事がなかなかこないのです。
考えてみると、サルバドールにはあと4週間はいないのです。
週に2回行けても、あと何度もご奉仕できません。
でも、今日の子供たちをみたら、ここに来週も来たい!て思います。

午前中はボンフィン教会で金曜のミサがあるというので、行ってみました。
今日の授業は社会活動ということで、希望した場所にいけるのです。
まだ完全に回復してないジャミリーが車で連れて行ってくれるというので、
お言葉にあまえ、乗せていってもらいました。
途中、銀行や会社が立ち並ぶセントロを抜けて、40分ぐらいかかったかな。
ボンフィン教会に着きました。
ここがボンフィン教会・・・。
ミサは既に始まっていて、神父様のお話しに人々が熱心に聞き入っていました。
途中ギターの演奏で歌が数曲唄われるのを、私は録音してきました。
所謂、一般のキリスト教会のミサで唄われる歌とは、確実に違うのです。
もっともっとラフで、どこか聞きなじみのあるようなメロディーだったりするのです。
ギターが使われるミサってあるのかしら。。どなたかご存知?
私もパンを口に入れて頂きに行きました。
私は日本でもキリスト教徒ではないので、ミサをあまりしりませんが、
何人にも(なんびと)ここボンフィン教会は、心から良く来たね。。と迎えてくれるところのようです。
終わってから別のお部屋で神父さまに頭を触って頂いて、眉間に十字をきって頂きました。まだどんな意味なのかわかりませんが、なんだかとても嬉しくなりました。
ちょっと単純な感覚の私です。
ガイドブックによくある、足のギブスや願掛けした人々の写真が沢山貼られたお部屋に入りました。。
あ・・・ここなのですね。
しみじみ歌の内容に出て来るボンフィンの神様。
カエターノベローゾや、ドリバルカイーミの歌の歌詞に出て来るボンフィンの神様そのそばにやっと来れました。
改めて、サルバドールに来た喜びを噛み締めています。
次回はカンドンブレの教会をまわろうと思います。




c0106446_80928.jpg

[PR]
# by sertao | 2009-10-25 07:51

先週のこと。。

昨日は土曜日、私はまたジャムセッション「JAZZ no MAM」で唄いました。
MAM はMuseu de Arte Moderna の略です。
ここは、BARRA ヨットハーバーの隣ぐらいです。アートミュージアムなどがあり、土曜日は野外でジャムセッションがあるのです。
まだ昼間にいったことはないのですが、モダンミュージアムでとても素敵なところだということです。明るい時間に今度行ってみようと思います。
昨日も数百人とも1000人とも観客がきているのですが、また私は唄いました。
だけど、ちょっとミュージシャン達が、戸惑う曲をもっていってしまったので、すこし唄い出すのに時間がかかりました。ごめんなさい。。みんな・・・
彼らはどちらかというと、ジャズマンなのでボサノヴァをとことんやってるわけではないのだから、仕方ないです。
VTRを撮っていたからもしかするとホームページで流れてしまうのかなぁぁ。。
後で、ピアニストが来て「ごめんね、あまりボサノヴァを知らないんだ。。」なんて謝ってくれたのですが、そんなぁぁ。。謝らないで下さい。。
みんな繊細で、しかも暖かいのです。お客様も暖かい拍手を下さいました。
私はとても楽しかった!!

写真は次の歌う私が彼らのバックからとったから、あまりよくないなあぁぁ。
暗くてよく見えないけれど、向こうには何百もの観客が聞いていてくれたのです。

そこで声をかけてくれたギタリスト。「ペロリーニョで唄ってくれないか?」
て言ってくれたのだけど。。
ペロリーニョはやはりボサノヴァは人気がない感じがするのです。
ヒオベルメーリョに行くと少しペロリーニョとは少し違う空気感があって、なんというか、お客様の年齢層が高い・・というか。
どうやらそちらの方が受けるらしい。。
今週木曜日はヒオベルメーリョのカフェにまたあそびにいってみよう。。
そこはアマチュアの人たちばかりが唄いに来るところだけど、どうやら先日私が唄ったのを気にいってくれたらしいのです。。

今日は朝から、ZOOBOTANICOへ。
動物園です。子供の日があるので、今日はその関連で入場無料とのこと。。
係のおじさんは、おもいきり楽しんで!!というように迎えてくれました。。
でも、やっぱり動物園は暑い。。
動物たちはみんな昼寝の最中で、子供たちは動物がよく見えなくてちょっと不満そうです。でも私が一番びっくりしたのはクロヒョゥでした。。
ともかくすごく綺麗なんです。。真っ黒なんだけど、ちゃんとヒョウ柄が見えるんです。。写真を撮ったけれど、あまりよく撮れてないので。残念・・・
あまり動物の数はないけれど、やはり赤道にやや近いところの動物園だけあって、
普段、日本の動物園では観られない、鳥や蛇の生息が観られたのは、とても嬉しかったです。先日行ったパンタナールでは野生の動物を観られたけれど、ここではそれを真近でじっくり観る事ができるのです。
小さなかわいい子供たちとも会えた。。
学校の行き帰りや、夜はさすがに子供たちには会えない。。
私は来週からご奉仕に出かける。
孤児院か障害者の施設を希望しているが、どちらになるか解らないけれど。。
今日あった子供たちをみて、幸せそうだなああっって思う。
動物園に子供を連れてきてくれるお父さんは、国境を超えてありがたい存在だとおもう。どこの国のお父さんもみんな素敵!!

日やけどめを塗って行かなかった私は、油断して腕や肩が真っ赤になってしまいました。大変です。。冷たいシャワーで冷やしたけど。明日は腫れるなあ〜〜。
行きは海岸沿いに3キロ位を歩いていったけど、帰りはバスに乗ってかえってきました。窓から涼しい風が入って来て気持ちよかった。。
ホステルに帰ってからキッチンを借りてカレーを作りました。
ルーは日本から持って来ていたので、オクラと茄子とひき肉のカレーにしました。
フロントの女の子に食べて貰いたくて・・・
アー美味しかった!!結果私がやはり一番沢山食べました。。
日本の味です。カレーライスは。。

同じ階に泊まっていたドイツ人のマリアーナは、今日でドイツに帰って行きました。
ランゲージスクールでは、気がつくと私がもう古株になってきましたまだ一ヶ月だというのに・・・どんどんみんなが帰国して行きます。
ラテン系の言語を持つ彼らは憶えも早い、しかも若い!
ちょっと私は焦りますが、でも開き直って頑張りまーす。。

さて、夜食に残してあるカレーをこれから頂きます。
ただ今こちらはドミンゴ寄るの8時45分です。
おやすみなさい。
c0106446_825147.jpg

[PR]
# by sertao | 2009-10-25 07:49

モッホのキリスト像

海に立つモッホのキリストです。キリストは数キロ離れたモッホのイグレージャの方を向いてたっているのです。
c0106446_7582220.jpg

[PR]
# by sertao | 2009-10-19 07:54
今、こちらは午後の3時48分。。この時間が安定して繋がることが解りました。。
急いで、書き留めておいたブログを投稿しました。。
私はこの休日、アカラジェにあたってしまったらしく、お腹を壊してしまいました。。
一日中部屋の中です。。友人が心配して連絡をくれるのだけど、みんな「けみ!!腐ってないで外に出ておいでよ!!」そうじゃないんだって〜〜〜ぇ。。
お手洗いを携帯していけるなら、何処にでもいきますっ!!
不思議とお腹はいたくないのです。食欲もあるから、つい何かを口にしてしまうと。。ぴゅーー・・
失礼しましたぁぁ。
学校は2日間お休みしてしまったので、5日連続で休んでしまったことになります。。まあいいかな。。
お腹にいいと、みんなヤシの実の果汁を飲んでくれば。と薦めてくれるので、目の前の海岸で売っているヤシの実売りのおじさんとこに行こうとしたら、「そこのは高いからだめよ!!ちょっと歩いてでもあちらにいるおばさんのところにいきなさいよ。」とホステルの受付の女の子がおしえてくれた。。
目の前のおじさんは1.25ヘアイス、で、あちらのおばさんのはというと1ヘアイスなのだ。。
ふむふむ少しちがうなあ。。といってみたら、少し小ぶりのヤシの実。。なあるほど、そういうことなんだなあ。。
でも、大きいのは私はいつも飲みきれないので、丁度いいです。。
とても美味しかった。。
・・・というわけで、この3日間は部屋でぼろぞうきんのようにベッドで眠っていたのです。。
写真はBarra 灯台 右は私の部屋の窓から見える夕日。。イタプリカ島に太陽が沈んでいきます。
本当に真っ青です!!!あずーううううぅる!!

目の前の海岸の写真です。BARRA 灯台がすぐ目の前です。。c0106446_42712.jpgc0106446_454546.jpg
[PR]
# by sertao | 2009-10-15 04:09
今日はマクドナルドまできてみたけど、日本のようにどこのマックでも無線が容易く拾えるわけではなくて、、はあ、なかなかブログがお送りできません。。
サンパウロのマックはひろえるのですが、バイーアはまだ全店というわけではないようです。
昨夜は、マリーナバイーアのちかくの広場でジャムセッション。
私も少し唄いました。何れ位の人が来ていたのだろう、ちょっとわかりません。
2〜3百にんいたのかなあぁぁ。
ここのひとは、みんなのりが良い!!ともかく!!
私がちょっと歌詞が出てこなくてもみんなが唄ってくれるから。。つながるんだなあぁぁ。。
私は歌詞を全部憶えているから。。っていうのではなくて、心から伝わるようにうたってるのと、わかってなくてうたうのでは反応が違う。。
やっぱりねぇぇ。。
私が喋れなくても、唄う事ができることをこちらの人は不思議がるけど、有り難い事に「けみのは僕らと同じ心をもっているし、解ろうとしていることがよくわかるから、一緒にやっていて楽しいよ」とこちらのセッションのメンバーはいってくれるから。。
慰められる。。ありがとう。。

明日は、ランゲージスクールが休み。。毎週月曜日に各カンドンブレの教会がやっている祭事に出かけてみることにしよう。。ちょっと町のはずれにあることが多いので、気をつけるようにいわれています。。

こちらでは、ジョビンとヴィニシウスのミュージカルをこれからやるのです。
今月はマリアベターニャのコンサート。多分日本にはこないだろう・・とおもわれる一人。。
ドリバルカイーミの三回忌イベント、その他ベロリーニョで毎日なにかあって、毎週演奏されるオロドゥンなど。ともかく毎日毎日誘惑がおおいのです。

c0106446_3435340.jpg

[PR]
# by sertao | 2009-10-15 03:03
今日はサバド。
来週は月曜日なので、今日から三連休なのです。
お休みを利用してどこか遠出したいとおもいましいたが、今日はジャムセッションがあって唄いにいくので、ゆっくりするとこにしました。
 昨夜は学校を利用したオランダ人の女性がライブをするとのこと、
ヒオベルメーリョにあるお洒落なレストランに聞きに行きました。
建物の中には、簡単なカフェと広々としたライブラリー。それにステージ付きのレストラン。
ウーン気に入りました。。こんな店があったらいいなあ。。家の近くに。。
というより、私がつくりたいなあ。。
その元生徒という女性は、ボサノヴァあり、フュージョンあり、ポップスは唄うのごたごたのメニューでしたが、お客様はのつていたなぁぁ。ファンがいるのか、友達なのか、食事に来た人が多いのか解らない。
そんなことはどうでもいいのだけど、ともかくみんな静かにしていない。。
思い思いのスタイルで楽しんでいるから。。
今日の夜はジャムセッションが別の場所であるので、私も唄いに行きます。
昨日のボサノブァも良かったけど。。ちょっと物足らない私です。
そういう時は自分で唄うに限ります。
ジャムセッションもジャズばかりかもしれないけど、まあ行ってみましょう。。
場所があまり安全な所にあるようではないけれど、いってみます。
お友達はみんな今日は遠出していて誘ったのだけど、みんなつれないなあ。。
昨夜は、ホステルに泊まっているドイツから来たMarina と ライプを観にいったけれど彼女も歌手だ。。昨日学校にギターを持って来てみんなに聞かせてくれていた。若いけれど、ボサノヴァに興味を持ったようで今日も聞きたいといったけど、お友達と既に約束があるという。。さ゛んねーん。。
 先日はペロリーニョまでカンドンブレ、カポエーラなどを披露してくれる、
フォルクローレを観に行きました。
毎週木曜日にやっているオロドゥンも広場でやっていた。。
この日は何かのプロモートビデオ?の撮影があって、オロドゥンのメンバー以外の人も少しこ綺麗な格好で観光客に扮してした。。
私は学校の生徒たちとカンドンブレショーを楽しんだあと、近くのバールで思い思いの飲み物を頼んでそこでは、フォホーを楽しみました。

写真は学校の友達と。。


c0106446_340680.jpg
[PR]
# by sertao | 2009-10-11 23:56