Kemi - ブラジル音楽の旅


by sertao
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年もあと、2日。
振りかえれば、色々な方に巡り会い、私にとってそれはそれはとても素敵で、想いで深い1年になりました。
今年出会った出来事は、きっと来年への準備。
目次のような気がしています。
歳があければ、本編に入っていく。
第一章の扉はもうすぐ開けられます。

今年お世話になりました方々、皆様に感謝申し上げます。
来る歳もどうかお力沿いくださいますよう、宜しくお願いいたします。

1月からのライブスケジュール

来年も歌を聴きにいらしてください♪
またすこし新しい歌の旅をしたいとおもっています。
良い年をお迎えください。

☆1月11日 (金)  四谷『メビウス』 03-3341-3732
       http://www.mebius-yotsuya.jp/
       charge \2300
ギター 荒木俊彦
ピアノ Satoko

☆1月12日(土) 中目黒 『楽屋』 VIVA BRAGILのミニライブで唄います。
     この日はノーチャージです。皆さんも是非唄いにいらしてください。
 VIVAスタートは19:00〜    http://www.rakuya.net/home.html
ギター荒木俊彦

☆ 1 月17日(木) 中目黒 『楽屋』 http://www.rakuya.net/home.html
chage \1800
21:00〜 (タイパンライブです、ファーストは「SABIA」さん)
7弦ギター オオタマル  ピアノ Satoko 他

☆2月23日(土) 大泉学園 『まほうの竜』03-5382-2020
1st20:00〜 2nd21:30〜 http://www.mahounoryu.jp/Top.html charge \2000
7弦ギター オオタマル  ピアノ Satoko 他

★ 2月最後・・・詳細未定ですが・・・
2月27日(水) 西荻窪 『音や金時』http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
ボーカル 伊藤ノリコ と Kemi
ギター 宮野弘紀(ブラジリアンギター)伊藤芳輝(スパニッシュコネクション)
[PR]
by sertao | 2007-12-30 20:27

師走。

今日は夕食を友人家族とするので、近くのレストランまで・・・
ドライブしながら、夜の住宅街の中を通り過ぎていく。
クリスマスの飾り付けをするお家・・・
暗い住宅街にきらめくネオンが・・・
遠くから、その光はひきつけてくれる。
寒い日は特に光はありがたいものなのかもしれない。
最近は発光ダイオードの光が増えて、環境にはよいのもしれないけれど・・
やっぱり暖かみが足らない気がしていまうのだけれど・・私だけですか?
反対のろうそくの光は、心まで届く温かさに感じる。。
ゆらぐ炎と色はじっと見ていたくなるくらい心が和むのです。

近所に素敵な花屋さんをみつけた。
少ない花材だけど、センスのいい花たちが楚々とならんでいる。
クリスマスシーズンに合せた小物の中にキャンドルが並ぶ。。
アレンジの組み合わせも優しく、つい手がのびてしまう。。
見て楽しむ花だけれど、アレンジやブケーは私は手でもってみたくなる。。
もう数年それはしていないけれど、私もフラワーデザイナーの仕事に携わっていたことがある。
自分らしく活きている花を、それらしく活かしてあげてアレンジしたかったけれど・・
いつしか、花々の種類はどんどん増えて競い合っていく感じに、不安になった。
都会のウィンドーやホテルのラウンジで花は豪華さを競い合い、
これでもかと、ベースに投げ込まれていく。。
仕事だからと、私も随分花たちにがまんしてもらって、花同士の相性を無視して
永いこと生けていた。
いつか、窮屈に悲鳴をあげている花々たちに気づいたときは、私は愕然としたものでした。。
今は、窮屈を感じない程度の花選びで私自身で楽しむ程度にしている。

共存すること・・・私の中で、今考えなければいけない順位の高い問題のひとつ。

昨日、あるお集まりのパーティーで唄わせて頂きました。
お化粧品の会社のクリスマスパーティー。
沢山の女性たちがお食事やゲームを楽しまれ、最後に私やニ胡の寺岡拓士さん、
ギターの荒木俊彦さんとのコラボ。
数曲ボサノヴァを寺岡さんのニ胡とギターで唄う。
ニ胡は音色が女性の声のようだから、難しいかな・・・
とおもっていたけれど、やってみればとてもとても気持ちのいいものでした。。
デュオで唄っているようなもの・・・
泣くようなニ胡の音は、私の声よりははるかに女性らしく美しいものだったけど、
せつなくて、ボサノヴァの雰囲気によく合っていた。
拓士くん!!なんて呼んでいだけれど、日本には数少ないニ胡奏者で、生徒さんも相当いらっしゃる先生なのです。。ご一緒できてとても嬉しかったです。
又、ぜひ沢山のボサノヴァを一緒に奏でてみたく思いますので、宜しくお願いしま〜す。

聴いて下さいました皆様、CDをお買い上げ下さった皆様、ありがとうございました。
[PR]
by sertao | 2007-12-09 22:48